2015/06/23 10:34:23 |
当然といえば当然のことなんですが、何かをやろうとしたとき、そこで考えることってのは、やり過ぎないこと。ようするに無理をしない、ということなんじゃないでしょうか。無理というのはいけませんね。これは何事にも言えることでございます。たとえばダイエットなんかをやられる方も多いと思いますが、あれは無理をしてやると体に良くありませんね。どこかしら壊れてしまいます。だから、ムリのないダイエット法というものが注目されるんでしょうね。投資にしても同じことが言えそうです。ついついやり過ぎてしまう。特に株や先物ってのはどうしても金額が大きくなってしまいがちでございますから、その分、損害も大きくなってしまう。怖いです...
2015/06/23 10:34:23 |
なんとなく誰でも理解できるような気がいたしますが、投資というものを考えてみた場合、やっぱり損はしたくありませんから、比較的にリスクが少ないものを選ばれる方も少なからずいますね。これはけっこう大事なことだと思うんですね。だって、今の世の中はそれほど経済的に元気があるとは言えないじゃないですか。あまり声を大にして言うもんじゃないと思いますが、いくらアベノミクスに期待、なんていってみても、正直、実感できやしませんから。だから、投資を始めるときにも、ローリスクローリーターンなんていうタイプのもを探すことになる。もちろん、これとは逆にハイリスクハイリーターンの投資を選ぶ方も確かにおります。ハイリターンは...
2015/06/23 10:33:23 |
初めて「投資」というものをしたのは社会人生活5年目の頃でした。郵便局でTOPIXに連動する投資信託に50万を投資したのがスタートです。2008年の事でした。投資信託はあまり動きがなくしかも購入後日本の景気は緩やかに沈んで行ってしまったのであまり面白くありませんでした。その後、もう少し貯金に余裕が出たことから現物株式に投資するようになりました。自分にとってはこれは動きが分かりやすく面白くなりました。銘柄はだいたい勘だけで選んでいましたが、結構あたり、儲けが出だすようになりました。やがて他の投資にも目が行くようになった頃、CM等でFXがよく宣伝されていました。よし、とりあえずやってみようということ...